ホーム > 書籍のご案内 > 文化遺産の保存と活用 仕組と実際
「その他」シリーズ

文化遺産の保存と活用 仕組と実際


詳しい目次を見る
序文を読む
文化遺産の保存と活用  仕組と実際
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
法令・制度の丁寧な説明
豊富な実例の紹介
文化遺産に興味のある人必読‼

長年にわたって文化庁で国の文化行政を担い、都道府県・指定都市・市町村のすべての立場で教育長として文化財政策の責任者を務めてきた
エキスパートによる待望の現代文化遺産論。
沿革、背景から最新動向まで全貌をくわしく解説!
判  型A5判並製・426 定  価3850 円
発 行 日2021.10.30 割引価格3465 円 (送料無料)
編 著 者小松弥生 ISBN978-4-87805-166-1

書籍サンプル画像
図1 文化財の体系図(文化庁資料より作成)本文p.71
買い物カゴに入れる
定 価 : 3850 円
割引価格 : 3465 円

目次

第犠蓮(顕衆篁困呂匹里茲Δ坊兢気気譴討たか
 第一節 明治時代以前の文化遺産の継承
 第二節 明治時代から第二次世界大戦後の文化財保護法制定まで
 第三節 文化財保護法制定後の文化遺産保護制度の変遷
第蕎蓮(顕衆篁妻欷鄒度の概観
 第一節 文化財保護法
 第二節 文化遺産保護にかかわる文化財保護法以外の法制度
 第三節 文化遺産保護を担当する主な行政組織とその事業
第珪蓮(顕什睚欷酲,砲茲詈欷遒寮度
 第一節 建造物の保護
 第二節 美術工芸品の保護
 第三節 無形文化財の保護
 第四節 民俗文化財の保護
 第五節 記念物の保護
 第六節 埋蔵文化財の保護
 第七節 文化的景観の保護
 第八節 伝統的建造物群の保護
 第九節 文化財の保存技術の保護
第絃蓮(顕衆篁妻欷遒料躪膕修箸泙舛鼎り
 第一節 文化遺産の総合的把握︱歴史文化基本構想
 第二節 歴史文化を重視したまちづくりの推進︱歴史まちづくり法
 第三節 「日本遺産」認定制度の創設
 第四節 観光立国実現のための文化遺産への期待
 第五節 文化財保存活用地域計画等を新設した文化財保護法の改正
 第六節 文化遺産保護をまちづくりの核に︱埼玉県川越市、静岡県掛川市の取組を例に
 第七節 社会全体で文化財を継承していくために︱中間支援組織の存在「一般社団法人ノオト」を例に
 第八節 社会全体で文化財を継承していくために︱埼玉県の学校教育における取組を例に
第江蓮(顕衆篁妻欷遒亡悗垢觜餾欟力
 第一節 ユネスコ世界遺産による取組
 第二節 脅威にさらされた世界遺産への日本の対応
 第三節 文化財の不法な輸出入の防止
 第四節 ユネスコの無形文化遺産保護
 第五節 「世界の記憶」事業
 第六節 日本の文化遺産保護国際協力体制
第詐蓮〆匈欧畔顕衆篁
 第一節 阪神・淡路大震災による被害と復旧・復興
 第二節 東日本大震災による被害と復旧・復興
 第三節 熊本地震による被害と復旧・復興
 第四節 防火対策
 第五節 感染症への対応
 第六節 災害の記憶と記録の継承
第讃蓮’酳館
 第一節 博物館の概要
 第二節 博物館をめぐる制度 
 第三節 観光振興と博物館
 第四節 博物館はどのくらい利用されているか
 第五節 博物館の一層の充実のために


このシリーズを探す

「その他」のシリーズを探す

文化遺産の保存と活用  仕組と実際
文化遺産の保存と活用 仕組と実際
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き
古典彫刻の修復と研究
古典彫刻の修復と研究
清源寺仁王像修復の全記録
清源寺仁王像修復の全記録
向居お薬師さまの修理記録
向居お薬師さまの修理記録

関連書籍を探す

関連の書籍

文化遺産の保存と活用  仕組と実際
文化遺産の保存と活用 仕組と実際
灯明皿と官衙・集落・寺院
灯明皿と官衙・集落・寺院
ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き

新刊案内

新刊書籍

文化遺産の保存と活用  仕組と実際
文化遺産の保存と活用 仕組と実際
灯明皿と官衙・集落・寺院
灯明皿と官衙・集落・寺院
ブレインサイエンス・レビュー  2020
ブレインサイエンス・レビュー 2020
官衙・集落と大甕
官衙・集落と大甕
子宮頸部細胞採取の手引き
子宮頸部細胞採取の手引き

PAGE TOP