ホーム > 書籍のご案内 > 長舎と官衙の建物配置 報告編
「古代官衙・集落研究会報告書」シリーズ

長舎と官衙の建物配置 報告編


詳しい目次を見る
序文を読む
長舎と官衙の建物配置 報告編
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
奈良文化財研究所第17回古代官衙・集落研究会の報告書。
長舎とは、桁行の長い官衙特有の建物。近年、各地の時期的展開・建物配置の特徴などが明らかになってきた。長舎の構造的特徴や機能について各地での発掘調査により得られた豊富な資料をもとに討議した研究成果を収録。
各地の報告とともに討議を載せた「報告編」(256頁、本体価格2,600円)と、長舎遺構を集成した「資料編」(466頁、本体価格4,300円)から成る。
資料編の詳細はこちらからご覧いただけます。
判  型A4判・256頁 定  価2808 円
発 行 日2014.12.12 割引価格2527 円
編 著 者独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所 ISBN978-4-87805-138-8

書籍サンプル画像
平城宮東方官衙SB194705(東から)
買い物カゴに入れる
定 価 : 2808 円
割引価格 : 2527 円

目次

開催趣旨
I.報 告
 長舎と官衙研究の現状と課題 
大橋 泰夫
 近畿地方における長舎の出現と展開 
鈴木 一議
 九州における長舎の出現と展開―7世紀代を中心に―
長  直信
 関東、東北における長舎と官衙
小宮 俊久
 長舎の構造的検討
大林 潤
 文献史料からみた長舎と官衙―7世紀の儀礼空間―
古市 晃
 饗宴施設の構造と長舎
小田 裕樹
II.討 議
付記 資料編目次(掲載図版目次付き)


このシリーズを探す

「古代官衙・集落研究会報告書」のシリーズを探す

官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
長舎と官衙の建物配置 資料編
長舎と官衙の建物配置 資料編
長舎と官衙の建物配置 報告編
長舎と官衙の建物配置 報告編
塩の生産・流通と官衙・集落
塩の生産・流通と官衙・集落

関連書籍を探す

考古学関連の書籍

官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
発掘遺構から読み解く古代建築
発掘遺構から読み解く古代建築
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
長舎と官衙の建物配置 資料編
長舎と官衙の建物配置 資料編

新刊案内

新刊書籍

食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17

PAGE TOP