ものづくり 化学の不思議と夢
巽 和行
(たつみ かずゆき)

名古屋大学物質科学国際研究センター・教授
工学博士
1976年大阪大学大学院基礎工学部研究科化学系専攻博士課程修了。
米国テキサスA&M大学およびコーネル大学で博士研究員のあと、82年大阪大学理学部高分子化学科助手、91年大阪大学基礎工学部合成化学科助教授、94年名古屋大学理学部化学科教授を経て、98年より現職(名古屋大学大学院理学研究科兼担)。名古屋大学物質科学国際研究センター長および名古屋大学評議員を併任。
2005年から国際純正応用化学連合(IUPAC)無機化学部門 副議長。02〜06年特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」領域代表。
専門は錯体化学、有機金属化学、生物無機化学。
1998年井上学術賞、2004年アレキサンダー・フォン・フンボルト学術賞受賞。
著書に『分子軌道法に基づく錯体の立体化学・上、下』(講談社サイエンティフィック、1986年)などがある。


大嶌 幸一郎
(おおしま こういちろう)

京都大学大学院工学研究科材料化学専攻・教授
工学博士
1970年京都大学工学部工業化学科卒業。75年同大学大学院工学研究科博士課程修了。同年米国MIT博士研究員、77年京都大学工学部助手、84年講師、86年助教授、93年教授を経て、96年より現職(改組による)。
専門は有機合成化学。特に有機金属化学。現在は種々の遷移金属触媒を用いる新規有機合成反応の開発に関心をもつ。
83年有機合成化学奨励賞、2004年有機合成化学協会賞、06年日本化学会賞受賞。
著書に『基礎有機化学』(東京化学同人、2000年)、共著にボルハルト・ショアー『現代有機化学』上、下(化学同人、1996年)や『ほしいものだけ作る化学─有機合成化学─』(裳華房、2003年)などがある。


碇屋 隆雄
(いかりや たかお)

東京工業大学大学院理工学研究科・教授
1976年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。
70年東京大学工学部合成化学科助手。79年米国カリフォルニア工科大学R. H. Grubbs博士研究員。80年NKK中央研究所。91年科学技術振興事業団野依分子触媒プロジェクト技術参事。97年東京工業大学工学部教授、同大大学院理工学研究科教授、同大フロンティア創造共同研究センター教授を経て、2005年より現職。
専門は分子触媒化学、超臨界流体触媒化学で、分子触媒を用いる実用的触媒反応の開拓をめ
ざす。
2007〜2010年科学研究費特定領域研究「協奏機能触媒」の領域代表者。
共著に『錯体化学の基礎─ウェルナー錯体から有機金属化合物─』(講談社サイエンティフィック)、『有機金属化合物合成法及び利用法』(東京化学同人)、『有機金属と触媒─工業プロセスへの展開─』(訳、化学同人)、『有機金属化学─その多様性と意外性─』(裳華房)がある。


中條 善樹
(ちゅうじょう よしき)

京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻・教授
工学博士
1975年京都大学工学部合成化学科卒業。80年同大学大学院工学研究科博士後期課程合成化学専攻修了。
名古屋大学工学部合成化学科助手、米国バージニア州立工科大学客員研究員、京都大学工学部合成化学科講師、京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻助教授、フランス国レンヌ大学客員教授、インド国立化学研究所客員教授を経て、95年より現職。
専門は高分子合成、無機高分子、高分子ハイブリッド材料。
86年高分子学会奨励賞、91年高分子学会賞、2002年日本化学会学術賞受賞。
著書に『高分子合成』(丸善、1997年)、『実用高分子化学』(丸善、2005年)などがある。


吉良 満夫
(きら みつお)

東北大学大学院理学研究科客員教授
理学博士
1967年京都大学工学部合成化学科卒業。同大学院修士課程修了。東北大学大学院理学研究科博士課程中退。
東北大学理学部助手、助教授を経て、東北大学大学院理学研究科教授(95〜2007年)。理化学研究所フォトダイナミクス研究センター・チームリーダー兼務(90〜98年)。
2007年東北大学名誉教授。2007年4月より、放送大学客員教授、杭州師範大学客座教授。ケイ素化学協会会長(2006〜07年)。


小江 誠司
(おごう せいじ)

九州大学未来化学創造センター・教授
理学博士
1991年東京理科大学理学部応用化学科卒業。93年同大学大学院理学研究科修士課程修了。96年総合研究大学院大学数物科学研究科博士課程
修了。
96年岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助手、2001年名古屋大学物質科学国際研究センター助手、2002年大阪大学大学院工学研究科助教授を経て、2005年より現職。この間、2001〜2005年まで科学技術振興機構さきがけ研究21(PRESTO)研究代表者。
専門は触媒化学、錯体化学および有機金属化学。
現在は水中での物質・エネルギー変換に関心をもつ。


袖岡 幹子
(そでおか みきこ)

(独)理化学研究所袖岡有機合成化学研究室・主任研究員
薬学博士
1981年千葉大学薬学部薬学科卒業。千葉大学大学院博士前期課程修了。
北海道大学薬学部助手、東京大学薬学部助手、相模中央化学研究所主任研究員、東京大学分子細胞生物学研究所助教授、東北大学多元物質科学研究所教授などを経て、2006年より現職。
専門は有機合成化学、化学生物学。
1993年日本薬学会奨励賞、1999年有機合成化学協会研究企画賞、2004年日本化学会学術賞受賞。
共著に『現代化学への入門15「生命科学への展開」』(岩波書店、2006年)などがある。

魚住 泰広
(うおずみ やすひろ)

自然科学研究機構分子科学研究所・教授
薬学博士
1984年北海道大学薬学部卒業。86年同大学大学院修士課程修了。
触媒化学研究センター助手、米国コロンビア大学研究員、京都大学理学部講師、名古屋市立大学教授を経て、2000年より現職。
専門は有機合成化学。現在、共同作用的な反応システムの成り立ちに興味をもつ。
91年有機合成化学協会研究企画賞、97年日本薬学会研究奨励賞、2007年グリーンサステイナブルケミストリー文部科学大臣賞、07年日本化学会学術賞受賞。
著書に『分子科学者が挑む12の謎』(共著、化学同人、2005年)などがある。


桜井 弘
(さくらい ひろむ)

京都薬科大学薬学部代謝分析学教室・教授
1966年京都大学薬学部製薬化学科卒業。71年同大学大学院薬学研究科博士課程修了。
71年藤沢薬品工業株式会社中央研究所、72年京都薬科大学講師、75年徳島大学薬学部助教授を経て、90年より現職。
86年日本薬学会奨励賞受賞。
著書に『金属は人体になぜ必要か』(講談社ブルーバックス、1996年)、『元素111の新知識』(講談社ブルーバックス、1997年)、『シリーズ転換期の医学1全人的医学へ』(分担執筆、岩波書店、2004年)、『金属なしでは生きられない:活性酸素をコントロールする』(岩波科学ライブラリー120、2006年)などがある。


齊藤 幸一
(さいとう こういち)

開成学園中学校・高等学校・
教諭
1978年東京都立大学理学部化学科卒業。同年駒場東邦中・高等学校化学科教諭、1980年東京理科大学専攻科化学科卒業。
90年より、中学教頭を経て、現職。
日本基礎化学教育学会会長。全国私立中・高等学校理科(化学)研修会指導講師。日本化学会「職域会員代表」。化学教育協議会夢・化学─21小委員会委員長。
専門は「化学教育」。
2006年第23回日本化学会化学教育有功賞受賞。
共著に『親子でトライ!わが家でできる化学実験』(丸善、2004年)、高校教科書『化学機Ν供戞兵其機砲曚がある。


唯 美津木
(ただ みづき)

東京大学大学院理学系研究科化学専攻・助教
博士(理学)
2001年東京大学理学部化学科卒業。03年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。04年東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。
04年より現職。
専門は触媒化学。金属錯体を用いた高機能触媒
設計、放射光を利用した触媒構造の解析に関心をもつ。
03〜04年日本学術振興会特別研究員。
07年PCCP Prize(Royal Society)。
共著に「Surface and Nanomolecular Catalysis(Ed. R. Richards)」(分担執筆、Taylor & Francis、2006年)などがある。


徳永 信
(とくなが まこと)

九州大学大学院理学研究院化学部門・教授
理学博士
1990年名古屋大学理学部化学科卒業。95年同大学大学院理学研究科博士課程修了。
95年ハーバード大学博士研究員、97年理化学研究所基礎科学特別研究員、2001年北海道大学触媒化学研究センター助教授を経て、06年より現職。
専門は有機化学、分子触媒化学。
現在は水和反応や加水分解反応、酸素による酸化反応などシンプルな反応を中心に研究を進めている。
2003年有機合成化学協会研究企画賞、04年有機合成化学奨励賞受賞。


山本 明夫
(やまもと あきお)

早稲田大学理工学総合研究センター・顧問研究員/東京工業大学名誉教授
1954年早稲田大学理工学部応用化学科卒業。59年東京工業大学理工学研究科博士課程修了。
東京工業大学資源化学研究所助手、カリフォルニア大学バークレー校博士研究員、ドイツマックスプランク石炭研究所博士研究員を経て、東京工業大学資源化学研究所助教授、71年同教授、88年同所長。90年早稲田大学大学院理工学研究科客員教授、2000年より同大学理工学総合研究センター顧問研究員、現在にいたる。
専門は有機金属化学。最近は化学史に関心をもつ。
1969年高分子化学会賞、86年日本化学会賞、94年向井賞などを受賞。95年紫綬褒章受章。
著書に『有機金属化学─基礎と応用─』(裳華房、82年)、“Organotransition Metal Chemistry”(Wiley、85年)などがある。


辻 篤子
(つじ あつこ)

朝日新聞論説委員
1976年東京大学教養学部科学史科学哲学分科
卒業。
79年朝日新聞社入社。科学部記者、アエラ発行室記者、アメリカ総局員などを経て、2004年より現職。
89年、MITナイト科学ジャーナリズムフェロー。専門は科学ジャーナリズム。
共著に『岩波講座 科学/技術と人間 第2巻 専門家集団の思考と行動』(岩波書店、1999年)、共訳書に『カール・セーガン著 惑星へ』(朝日新聞社、1996年)などがある。